CFDは複雑な金融商品であり、レバレッジによって急激に損失を被るリスクが高い。個人投資家の口座の82.86%がINFINOXでCFDを取引した際に損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているかどうか、また、資金を失う高いリスクを取る余裕があるかどうかを検討する必要があります。

トレーディング

条件

プロダクトスペック

当社が提供する各種金融商品のプロダクト情報は以下の通りです。トレーディングプラットフォームで、各金融商品にカーソルを合わせて右クリックし、「スペック」を指定することでも、これらの情報にアクセスできます。

ティッカー スプレッド 建玉サイズ ピップ値 建玉通貨 取引時間
FX XX XX XX XX XX 0.2
各種指数 ティッカー スプレッド スプレッド スプレッド ピップ値 0.2
コモディティ ティッカー スプレッド スプレッド スプレッド ピップ値 0.2
先物(CFD) ティッカー スプレッド スプレッド スプレッド ピップ値 0.2

レバレッジ

レバレッジとは、取引額の一部を「委託証拠金」としてデポジットすることで、実際にその金額の取引ができる仕組を指します。限られた資金で、市場変動による利益を拡大する上で非常に便利なツールとなります。一方で、レバレッジを用いたトレードはリスクの増大も意味します。

レバレッジ取引を行うユーザーは、トレーディングリスクの抑制に有効なツール(ストップロスオーダーーなど)や資金管理を行うことが推奨されます。

1:100 レバレッジ 1:500 レバレッジ
想定元本 $100,000 $100,000
必要委託証拠金 $1,000 $200

レバレッジ率を変更するには、ログインして顧客エリアにアクセスするか、プレミアムサポートチームにご連絡ください。

SWAP(ポイント) ロング +2.5 ショート -1.2
1 ロット(FX) $2.50 $1.20
金融商品 デイリーオーバーナイト トリプルチェンジ
FX スワップ 水曜日
各種指数 ファイナンスフィー 金曜日
コモディティ ファイナンスフィー なし
エクイティ(CFD) ファイナンスフィー なし
先物(CFD) なし なし

スワップ

SWAPチャージは、オーバーナイトのポジションを持つ場合に適用される、オーバーナイトのファイナンスチャージです。カレンシーペア同士の借入コスト、または特定の金融商品のレバレッジにかかるアウトライトのファイナンスチャージを指します。オーバーナイトフィーは、受け取り側になる場合と支払い側になるがあります。

オーバーナイトフィーは、各金融商品のトレーディングプラットフォームで「プロダクトスペック」から確認できます。スプレッドチャージと同様、オーバーナイトのトレードにポイントで値付けされます。

ロールオーバー

先物の建玉には全て期限があり、精算日には資産の受け渡しが行われます。INFINOXでは、期日が到来すると次の限月にロールオーバーとなり、引き続きポジションの保有が可能なCFD先物のトレードを提供します。

CFD先物のポジションがロールオーバーされると直近の限月から翌限月に期日が移行します。限月間の価格調整はユーザーのアカウント上で行われ、ロールオーバーによる不利益が生じないよう措置がなされます。

ティッカー プロダクト ロールオーバー日
VIX ボラティリティ指数 12/11/2020

すべての先物契約のロールオーバーの日付と金額は、対象となる取引所のウェブサイトで確認できます。

ティッカー 感謝祭(米国) 感謝祭の翌日
SPX500 早期終了 @ 20:00 早期終了 @ 20:15
NAS100 早期終了 @ 20:00 早期終了 @ 20:15
US2000 早期終了 @ 20:00 早期終了 @ 20:15

市場通知

金融市場の取引時間は、公休日や様々のイベントに応じて決まります。金融商品は世界中で取引されるため、各市場の取引時間は定期的に調整されます。

この表では、通常の取引時間の変更について今後の市場通知が記載されています。

取引時間の変更により、市場流動性が影響を受け、急激な市場の変動が起こったり、アスク・ビットのスプレッドが拡大したりする場合があることを、留意する必要があります。市場のボラティリティ上昇に注意し、十分な証拠金を維持しておくことが重要です。

Click here for the latest Market Notifications.

マージンストップおよびマージンコール

レバレッジトレーディングとは、限られた資金で多額のトレードを行うことを指します。ここで言う「資金」は、マージン(委託証拠金)と呼ばれます。ポジションに不利な方向に市場が動くことを想定して、アカウントに十分な委託証拠金を持ち、建玉が維持されるようにすることが重要です。

アカウントの純資産が必要とされる委託証拠金の120%を下回った場合、マージンコールが発動され、純資産を積み増すか、必要委託証拠金額を引き下げる措置が必要となります。アカウントの純資産が必要とされる委託証拠金の100%を下回った場合、最も多額な建玉と2番目に大きな建玉がクローズされます。

マージンコール マージンストップ
必要委託証拠金額に対する純資産額の比率(%) 80% 50%
ライブアカウントの開設